Jocomomola de Sybilla

コンセプト

JOCOMOMOLAは愉快で、さらりと気軽に着こなしのできるコレクション。
陽気で快適でありながらセクシー。たくさんのプリント柄や色彩、ユーモアにあふれ、主に自然素材を使用。自由自在の組み合わせが楽しめます。
配慮の行き届いたパターンを元に作られた服は、いつでも人それぞれをより際立て、様々な体型や年齢、シチュエーションに対応。
質の良いベーシックなアイテムは、時を越えてその特徴を発揮してくれるでしょう。
JOCOMOMOLAはチームワークから生まれた、他の女の子をうらやましがらせる女の子のための服なのです。

デザイナー

Sybilla
1963年 ニューヨークに生まれる。 父はアルゼンチン人、母は、ポーランド人。7歳の時、家族ともどもマドリッドに移住する。
1980年 17歳でパリに渡り2年間滞在。イヴサンローランのもとで働く。
1983年 10月、マドリッドで初めてのショーを開催。
1985年 3月にはバルセロナのガウディフェアで1985-86秋冬コレクションを発表、これがプロとしての第一歩となる。同年夏、シビラ初のシューズコレクションが店頭に並ぶ。
NUCLEO DE DOSEN 社 ( スペイン、マドリッド ) と服の生産、販売の契約を結ぶ。1986-87秋冬コレクションがプレス有名専門店など各方面から注目をあび、国際的名声を得る基盤となる。
1987年 服とアクセサリーの販路を全世界に広げる。
春、シーツなど寝装品の第一回コレクショを発表。
同年9月、マドリッドに初めてのブティックをオープンする。
1988年 3月、ミラノにおけるシビラ初の国際ファッションショーで1988-1989秋冬コレクションを発表。
1989年 スペインにて、シューズ、バックの製造を開始。
次いで、イタリアの製造によるニットウェア1989-90秋冬コレクションを発表。
夏、イトキン株式会社と日本向け婦人服プレタポルテの製造、販売契約を結ぶ。
1990年 4月、東京神宮室内競技場にて1990-91秋冬デビューコレクションを開催。
1991年 9月に東京南青山にブティックをオープン。バック、シューズ、ハンカチ手袋などのアクセサリーも次々と発表され、プレタポルテはもとより日本におけるビジネスは着実に拡大している。
1993年 5月には新ブランドホコモモラを発表。
今や、マドリッドから発信されるシビラの作品は全世界で販売されており、スペインモーダを担う騎手として 世界中から常に熱いまなざしが注がれている。